2020/02/27

煮干しラーメン

事務所のランチはお弁当が多いのですが、たまに外で食べたりもします。


先日は、中目黒の「らーめん恵本将裕」さんに伺いました。



写真は「濃い煮干しラーメン」。
見た目のとおり、濃厚な煮干しスープで、麺は太麺。
スープはちょっととろみがあって煮干しのエキスを食する、、、という感じを十分に堪能できます。



こういう個性的なラーメンは、毎日でなくともたまに食べたくなるものです。




中目黒はラーメン店の数はそれほど多くないですが、飲食店全般の激戦区だけに生き残っているお店はいずれもレベルが高いなあと思います。




また美味しい食事をしたらお店やお料理をご紹介したいと思います、ごちそうさまでした。




2020/02/24

河津桜

今週末は三連休ということで代官山界隈を散歩していたら、河津桜が満開を迎えていました。




もうすでにちょっと葉桜になっている感もありますが、河津桜や梅が咲いているのを見かけると春も近いなあと実感します。




今年は暖冬傾向が続いて、なんだか冬らしい冬でなかったような感覚が強いですが、寒くないと四季の移ろいを実感できずに妙な違和感を感じるものです。





やはり気候変動の影響なのかなあとも思いますが、四季の移り変わりがあってそれぞれの季節で異なる趣きのある、そういう日本がこれからも続いてほしい、、、と強く思います。




そういう点からもエコやサステナビリティを更に勉強してデザインに反映させてゆきたいと考えています。









2020/02/20

イタリア視察:バチカン2

バチカンの続きです。

今回の視察で特に印象的だったのは観光で有名な場所はいずれも長蛇の列が出来ていたことです。

これは観光客の絶対数が増えているのと、セキュリティチェックがかなり厳格化されていて空港と同じくらいのチェックをされるためですが、バチカンの大聖堂もご多分に漏れず広場を巻くように列が出来ていました。



我々が行った季節はまだ穏やかな時季でしたが、これが猛暑や極寒だとシンドいだろうなあと思います。まあ、そういう時季はオフシーズンで人も少ないかもですが・・・。





ともあれ、セキュリティチェックを抜けて中に入るとそこは荘厳なキリスト教の世界です。




写真に写っている人の大きさを比較するとよくわかりますが、内部とはいえ、かなり大きな空間です。
やはりカソリックの総本山ということでスケールの大きさと内外装の凝った意匠は他の追随を許さない、、、感じがします。





そして、バチカン大聖堂で必見のひとつがミケランジェロのピエタです。


大聖堂に入ってすぐのニッチ部分にガラスで保護されて展示されています。





ちょっと艶やかさも感じてしまうような、約4-500年前の彫刻とは思えない迫真性と気品にあふれた彫刻です。
しかもミケランジェロは弱冠25歳にしてもこの彫刻を製作していたそうで、天才ぶりが際立つ、、、感じがします。




たしか沢木耕太郎の「深夜特急」にもミケランジェロのピエタにいたく感動した、という話しがあった気がしましたが、今回の旅行でも行く先々でミケランジェロの足跡をたどることが出来ました。


やはりそれだけミケランジェロの芸術作品が大事にされているともいえるのですが、観光資源と文化の持続的な継承という点を考慮すると、日本においてもこうした文化遺産をきちんと保護して価値を高めてゆくことが、より大事になってゆく気がしました。







2020/02/18

カレイ

先日、久しぶりに目黒の庭園美術館に「ルネ・ラリック展」を観に行ったのですが、その帰りに目黒の「魚金」さんに立ち寄って軽く一杯やりました。






当日のお薦めメニュー、カレイの煮付け。


30cm超の大皿に一匹まるごとで880円(!)。


写真ですとその大きさがなかなかわからないのですが、味もボリュームも大満足な一品でした。


「魚金」さんは都内にいくつか店舗のあるお魚系の居酒屋さんですが、やはり魚料理にはこだわりと自信があるなあと思います。





久々に美味しい魚の煮付け料理をいただきました、ごちそうさまでした。






2020/02/14

六花亭真駒内ホール店

事務所のウエブサイトに旧職で担当した「六花亭真駒内ホール店」をアップしました。
ぜひご一覧ください。


こちらのプロジェクトは、林が古市徹雄都市建築研究所在籍時に担当者の一人として参画していたものです。
これまで、旧職での業務実績はウエブサイトに掲載していなかったのですが、古市事務所のオフィシャルサイトも古市先生の逝去にともない閉鎖状態となっておりますので、ウエブ上での記録の意味合いも込めて掲載させていただきました。




一見シンプルな建築ですが、DPGガラスのファサード、可動する木のルーバーや音響調整装置、ペリメーター・床下を統合した空調システム等々、極めてハイスペックでありながらコージーな雰囲気のある建築になっています。




ページに掲載している情報はほんの一部ですが、店舗に併設して喫茶室もあり、ゆっくりくつろげるお店になっています。札幌へ行かれる機会がありましたら是非お立ち寄りください。